single

10月26日(土)のデミョンキラーホエールズ戦の試合結果をお知らせいたします。

【10月26日(土)の試合結果、監督、選手コメント】

10月26日(土)、デミョンキラーホエールズとの第2戦は、釧路・日本製紙アイスアリーナで行われ、ひがし北海道クレインズは2-4で敗戦となりました。

デミョンキラーホエールズ戦は1勝1敗となります。

<日にち> 2019年10月26日(土)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs デミョンキラーホエールズ(韓国)
<試合開始> 15:00
<会場> 日本製紙アイスアリーナ(北海道・釧路)

★ひがし北海道クレインズ 2-4 デミョンキラーホエールズ
1P(1-0)
2P(1-1)
3P(0-3)
TOTAL(2-4)

■クレインズGK #33 ヤニス・オージンシュ
■得点 ※()内はアシスト
1P:① #9 松野 佑太 (#14 泉 翔馬、#77 梁取 慎也):EQ
2P:② #40 河合 卓真 (#92 池田 一騎):+1

★ひがし北海道クレインズ: 5勝8敗(勝点15)

コメントは下記の通りとなります。

【ギルゲンソンス 監督】
お互い必死になってプレーをした試合だった。PKが良い形でやっていただけにアンラッキーな2失点目となって悔いが残る。自分たちもブルーライン際のミスが失点に繋がっている。いろいろな要素があった試合だった。明日は1点でも多く取って勝ちにいきたい。

【#48 上野 拓紀 選手】
勝ち試合を落としてしまった。点数が取れない中、攻撃も焦っていた。デミョンはハードにプレーをしていたし、足も動いていた。1戦目を楽に勝ってしまったからか、準備不足だった。自分たちは前の試合よりも、もっとハードにレベルアップして挑まなくてはいけなかった。せっかく観に来てくれた中で結果を出さなくてはいけなかったし、一体感がある中でプレーをさせてもらっていることに感謝しなくてはいけないし、もっとやらなくてはいけない。明日は年内最後のホーム戦なので必ず勝って終わりたいし、勝つ姿勢や、勝つチームを見せたい。

【#40 河合 卓真 選手】
ゴールをしたが、負けたら意味が無い。自分たちのハードなプレーができていなかった。勝利にこだわっていた部分で最初から相手が気持ちで上回っていた。明日はそこをどう持ち直すのか、チームのキャラクターが問われると思う。もちろん勝点3を取らなくてはいけないし、この先落とせない試合が続く。短期間で試合があるのはデミョンも同じで、疲れたは言い訳にならないので、明日の試合は勝ちで終わって、ファンのみなさんには気持ちよく帰ってほしい。明日は試合開始と同時にハードに相手を上回る気持ちでやりたい。

【#9 松野 佑太 選手】
今シーズン、ゴールができないのではと思ったが、泉選手から良いパスが来て決めることができた。チームの先制点で良かったが、チームは負けてしまったので、次は勝った試合で決めたい。シーズン初めは出る機会がなかったので、どうしたらいいのかミーティングをしてきた。難しいことをするのではなくて、簡単にプレーすることを心掛けて続けてきたことで出場機会が増えてきたと思う。いろいろな人が応援してくれているので、明日は勝って締めくくりたい。

 

#ひがし北海道クレインズ

 

全スポンサー
Top