single

 

本日(1月21日)アジアリーグアイスホッケージャパンオフィスより発表がありました通り、ひがし北海道クレインズの新型コロナウイルス感染症陽性判定者報告を受け、2022年1月29日-30日のレッドイーグルス北海道戦(ホームゲーム)の中止が決まりましたのでご案内いたします。

 

【中止対象試合】

ひがし北海道クレインズ 対 レッドイーグルス北海道

2022年1月29日(土) 14:05試合開始 / ひがし北海道クレインズアイスアリーナ

2022年1月30日(日) 15:00試合開始 / ひがし北海道クレインズアイスアリーナ

 

【中止理由】

ひがし北海道クレインズのコロナウイルス陽性判定の結果、試合開催判断基準規定の出場登録選手数の確保が不可能なため、試合の中止を決定いたしました。

 

購入されたチケットの払い戻し対応(シーズンシート含む)につきましては、後日改めてご案内いたします。

また、30日試合終了後に実施予定でした西脇雅仁引退セレモニーにつきましては、後日別の形での実施を予定しております。こちらにつきましても詳細が決まり次第改めてご案内いたします。

 

みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

【代表取締役社長 田中茂樹コメント】

この度、ひがし北海道クレインズの試合を楽しみに、新型コロナウィルス感染症の拡大と収束が繰り返されるなかにおかれましても、会場に足を運んで下さったファンの皆様、そして試合の実施を支えて下さる連盟を始めとする、関係者の皆様、そしてスポンサーの皆様には心よりの感謝を申し上げますと共に、試合会場にて選手スタッフを中心としたクラスターが発生してしまった事に関しまして、大変重い責任を感じますと共に、謹んでお詫び申し上げます。

 

これまでに、ひがし北海道クレインズ社内で選手21名、スタッフ8名の計29名の感染が確認された他、対戦相手の東北フリーブレイズの選手スタッフ、並びに関係者、観客の皆様においても感染者が多数確認されており、新型コロナウィルスのクラスターが発生しております。

本件につきましては、日頃チームを支えて下さる地域住民の皆様、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けしておりまして、誠に申し訳ございません。

 

新型コロナウィルス発生以来、アイスホッケー界全体で、アイスホッケーの灯を消さぬように、連盟、リーグ、各チームが対策を日々検討、行い、特に苫小牧でのシーズン開幕前のクラスターを受けて、関係者一同、対策に奔走して参りましたものの、新たなクラスターの発生を防ぐことができなかったことは痛感の極みでございます。

 

陽性判定を受けたチーム関係者は保健所からの指導のもと、療養を行っておりまして、幸いなことに重症患者は現在のところ発生しておりません。

引き続き、チーム関係者・家族への更なる注意喚起と、健康状況の確認を一層進めて参りますと共に、試合観戦に足を運んでいただける皆様の不安を少しでも取り除けるよう、保健所とも連携をさらに深めさせて頂いた上で、適宜情報発信に努めていきたいと考えております。

 

今後は、安心して会場にて観戦いただける環境づくりに向け、アジアリーグジャパンオフィス、釧路市との更なる連携をとりつつ、感染症対策を見直し、万全の対策を講じて皆様をお迎えできるよう全社総力を上げて取り組んで参りますので、引き続き、ひがし北海道クレインズへの温かいご支援、ご声援のほど何卒よろしくお願い致します。

 

 

全スポンサー
Top