single

新型コロナ感染拡大防止策のご協力、そしてご来場いただきありがとうございました。


昨日に続き横浜GRITSとの対戦。
各ピリオド失点から入る展開となってしまったが、河合卓真選手の2日連続の2得点を含む6点で開幕2連勝!

<開催日>   2021年9月12日(日)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs 横浜GRITS
<試合開始>  15:00
<試合会場>  ひがし北海道クレインズアイスアリーナ(北海道・釧路)
<入場者数>  644人

★ひがし北海道クレインズ 6-3 横浜GRITS
  1P(3-1)
  2P(1-1)
  3P(2-1)
TOTAL(6-3)

■クレインズGK33ヤニス・オージンシュ

■得点 ※()内はアシスト

① FW 40 河合 卓真 (DF 82 大津 夕聖、DF 4 米山 幸希) : EQ
② FW 40 河合 卓真 (FW 48 上野 拓紀、FW 26 齊藤 大知) : EQ
③ FW 16 小原 大輔 (FW 11 西脇 雅仁、FW 10 大津 晃介) : PP
④ FW 92 池田 一騎 (DF 65 蓑島 圭悟、FW 48 上野 拓紀) : PP
⑤ FW 19 サンディス・ゾルマニス (FW 10 大津 晃介、 FW 16 小原 大輔) : EQ
⑥ FW 26 齊藤 大知 (FW 48 上野 拓紀、 DF 79 山崎 勇輝) : EQ

【ギルゲンソンス 監督】
昨日の試合とは全く違った試合展開となり難しい試合ではあったが、パワープレーの良いゴールや試合を通じて6得点を挙げ、勝利できたことはとても良かったと思う。今日の試合ではキルプレーの失点があったので、キーパー含めてしっかりと内容を再確認して修正をしていきたい。昨日の試合に続き今日の試合でも第2ピリオドの流れを上手くはコントロールすることができなかった。修正点はすでに伝えているので選手達には次の試合ではしっかりと意識したプレーで対応してもらいたい。ホームで2連勝できたことはとても意味のあることだと思うし、次戦のアイスバック戦に向けて良い流れで挑んでいけると思う。

【キャプテン:FW 92 池田一騎 選手】
失点からの立ち上がりとなってしまったが、その後コンスタントに得点を重ねられたのは良かった。昨日と同様にキルプレーでの失点があったので次戦に向けての修正ポイントだと思う。昨日に続き今日も第2ピリオドで得点を挙げることができたので、今シーズンは『第2ピリオドの男』で活躍をしていきたい。パワープレーの成功率が昨年と比べ向上しているので、引き続き得点源として質を高めていきたい。バックスとの2連戦では相手のペースに惑わされず、継続して得点を挙げ続けて連勝を狙っていきたい。

【FW 40 河合卓真 選手】
昨日の試合から気持ちを切り替えて挑もうとの指示のもと、立ち上がりで失点はあったものの、それ以降は自分達のプレーが出来ていたと思う。昨日に続き2得点を挙げられたが、他のチームメイトがシチュエーションを作ってくれたゴールなので、驕ることはせず自分らしい走って一所懸命なプレーを続けたいと思う。上野選手、齊藤選手とは昨年から長くセットを組ませてもらっているので、意思の疎通もしっかりとれており、楽しくプレーさせてもらっている。日光での試合はハードな試合になる傾向があるので、強い気持ちを持って乗り込んで行きたいと思う。

 

 

 


 

≪NEXT AWAY GAME≫
9月18日(土)-19日(日)
vsH.C.栃木日光アイスバックス
日光霧降アイスアリーナ
 18日(土):14:00 Face Off
 19日(日):14:00 Face Off

 


 

≪NEXT HOME GAME≫
9月25日(土)-26日(日)
vsレッドイーグルス北海道
ひがし北海道クレインズアイスアリーナ
 25日(土):15:00 Face Off
 26日(日):15:00 Face Off
チケット販売情報 → こちら

 

全スポンサー
Top