single

 

アジアリーグより「アジアリーグジャパンカップ2021」の大会形式とスケジュールが発表されました。試合方式はホーム&アウェー方式で各チーム4回戦総当たり、勝率により順位を決定します。クレインズは16試合を行います。そのうち8試合は釧路市の「ひがし北海道クレインズアイスアリーナ」でホームゲームとして開催します。

9月11日(土)から始まるリーグ戦は、土日開催で11月28日(日)まで行われます。クレインズのホームゲームは、15:00試合開始を予定しています。ホームゲームを中心にクレインズの日程をご紹介します。

クレインズの開幕戦は横浜GRITSを釧路に迎えて、9月11日(土)、12日(日)に行います。昨シーズンはコロナ禍のため釧路でGRITS戦を開催できませんでした。よって、GRITS釧路初見参となります。GRITS側ゴール裏が青く染まるのが楽しみです。

日光遠征を経て9月25日(土)、26日(日)はレッドイーグルス北海道を釧路に迎えます。日本のアイスホッケー界を引っ張ってきたチームの1つであった王子イーグルス。今シーズンからはクラブチームへと体制が変わりました。昨シーズンの全日本選手権MVPを獲った入倉大雅選手が加入して勝利を鷲掴みにきます。しかし、クレインズは華麗な鶴の舞でひらりと交わして勝利をさらいます。

バイウィークのあとは、10月9日(土)、10日(日)に東北フリーブレイズが釧路にやってきます。どのチームよりも早く氷上練習を始めた今シーズンのブレイズは気合の入り方が違います。前半戦最後の2連戦は、首位ターンをかけた熱い戦いになることでしょう。

このあとは遠征が続いて、クレインズがホームに帰ってくるのが11月27日(土)、28日(日)のH.C.栃木日光アイスバックス戦となります。これがジャパンカップ最終戦です。バックスとは昨シーズン終盤に2位争いをしていました。バックスは今シーズンから日本製紙クレインズ出身の飯村喜則GMが就任し、手ごわさが増しています。日本製紙クレインズ在籍時代にはともに汗を流し栄冠を勝ち取ったクレインズ清川和彦GMが、戦力を整えて迎え撃ちます。重大な2連戦になること間違いなしです。

クレインズのホームゲーム観戦には、ファンクラブ5th SETのご加入がオススメです。ただいま2021-2022シーズンの加入申し込みを大好評受付中です。「ダイヤモンド」と「クリスタル」でご加入の場合は、ご希望のシーズンシートがついてきます。「1st LINE」「2nd LINE」「3rd LINE」でご加入の場合は、シーズンシートの購入権利がついてきます。高校生以下の皆様には「Jr. LINE」をご用意しております。高校生以下のみ加入できる特別なLINE、サックパックをプレゼント。5thSET / FLY AGAIN応援席限定のシーズンシートを1席プレゼント。追加料金でアップグレードも可能です。クレインズファンクラブ5thSETに加入して試合観戦をしよう!お申し込みはファンクラブHPまで。( こちらをクリック

クレインズは7月1日から今シーズンの活動をスタートさせました。5日からは本格的に陸上トレーニングがスタートします。12月16日から長野市で開催予定の全日本アイスホッケー選手権(A)の連覇はもちろん、ジャパンカップ優勝を目指して戦います。新型コロナウイルス感染拡大防止のため関係機関と連携を図りながら試合を実施する予定です。チケット案内や感染防止策などにつきましては、準備ができ次第ご案内いたします。今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況でありますが、今シーズンもクレインズの勇姿を見て頂き、熱い応援と共に、ひがし北海道を、氷都くしろを一緒に盛り上げていけたらと思っています。ファンの皆様のご理解ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

アジアリーグジャパンカップ2021詳細はアジアリーグHPをご確認ください。( こちらをクリック

Top