single

 

アジアリーグアイスホッケー事務局より2021‐2022シーズンに関する状況報告及びジャパンカップ2021開催決定についての発表がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して、昨シーズン同様の国内5チームによるアジアリーグ公認の国内大会「アジアリーグアイスホッケージャパンカップ 2021」が9月から11月に開催されることになりました。

アジアリーグでは、12月からの海外勢を含む通常通りのリーグ開催の可否を8月末を目途に判断する予定となっています。なお、海外勢との試合が困難な場合は、引き続き国内勢との対戦で日程を調整していく運びとなっています。大会形式の詳細はアジアリーグアイスホッケーHPからご確認ください。 こちらをクリック

北海道などで緊急事態宣言が発令されている状況下でありますが、ファンの皆様には改めて新型コロナウイルス感染拡大防止対策へのご理解ご協力をお願いし、今シーズンも皆様の熱い応援と共に、ひがし北海道エリアを一緒に盛り上げていけたらと思っています。

全スポンサー
Top