single

 

クレインズにとっては久しぶりの試合で、今シーズンを締めくくる2連戦となった八戸でのフリーブレイズ戦。初戦は先制するも追い付かれ、5分間のキルプレーをしのぎ切ったものの、延長戦で敗れました。明日は最終戦。有終の美を飾れるようにがんばります。

<日にち> 2021年3月13日(土)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs 東北フリーブレイズ
<試合開始> 17:00
<会場> FLAT HACHINOHE(青森県・八戸市)

★ひがし北海道クレインズ 2-3 東北フリーブレイズ
1P(1-0)
2P(1-2)
3P(0-0)
OT(0-1)
TOTAL(2-3)
■クレインズGK 33 ヤニス・オージンシュ

■得点 ※()内はアシスト
① FW26 齊藤 大知 (DF65 蓑島 圭吾)
② FW53 寺尾 裕道 (FW76 小原 大輔、DF3 伊藤賢吾)

<記者会見の主な内容>

【ギルゲンソンス 監督】
早い段階で得点をしたが、ペナルティーなどが続き、苦しい展開になった。苦しい状況下でも、体を張って延長戦まで戦った選手達に感謝している。明日の試合には気持ちを切り替えて挑み、いい形でシーズンを締めくくりたい。

【キャプテン:FW 92 池田一騎 選手】
2点を先制してからの逆転負けというのは非常に悔しいですが、約2か月間試合が空いたという状況の中では機能している部分も見えたのでポジティブに捉えています。

 

Top