single

 

アジアリーグアイスホッケージャパンオフィス事務局より、2021年3月12日付プレスリリースにて、緊急事態宣言下での試合開催方針の変更が発表されました。これは、2021年1月12日付アジアリーグプレスリリースで発表された緊急事態宣言対象地域で試合を実施しない等の方針を変更し、3月8日以降の埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県対象の緊急事態宣言再延長後の期間(3月21日まで)には適用しないこととするものです。また、試合開催にあたっては、各チームは3月20日までに選手にPCR検査を実施し陰性確認をするものです。

現在、北海道では緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来を控えるよう求められております。また、北海道釧路・十勝管内では新型コロナウイルス感染者やクラスターが確認されており、医療従事者の方々が懸命に治療にあたっている状況があります。新型コロナウイルスは現実的に感染リスクが誰にでもあり、緊急事態宣言対象地域への移動の自粛が求められている中、神奈川県への遠征後に無症状で釧路へウイルスを持ち込む危険性が排除できません。

このような状況下では、PCR検査を実施したとしても緊急事態宣言対象地域への移動を自粛することが、地域とともに歩むスポーツチームのあるべき姿であると考え、このたび、神奈川県への移動を自粛し、試合を辞退することをアジアリーグに申し入れさせていただきました。

試合を楽しみにしていただいていたアイスホッケーファンの皆様にはたいへん心苦しい決断となり、申し訳なく存じます。ひがし北海道クレインズは、今シーズンのホームゲーム運営に際しては、保健所、行政などと連携を密にし、徹底した感染防止策を講じてまいりました。クレインズは、これからも一貫して地域の皆様のご理解を得ながら安全安心を最優先として活動いたします。

【開催を中止する試合(ひがし北海道クレインズ関係分)】

・横浜GRITS vs ひがし北海道クレインズ 3回戦(アジアリーグジャパンカップGame No.55)
 2021年3月20日(土)16:00試合開始

・横浜GRITS vs ひがし北海道クレインズ 4回戦(アジアリーグジャパンカップGame No.56)
 2021年3月21日(日)14:00試合開始

※会場はいずれもKOSÉ新横浜スケートセンター。
※詳細につきましては、アジアリーグHPをご確認ください。( こちらをクリック )

アジアリーグアイスホッケージャパンオフィス事務局による今回の決定により、クレインズは3月14日(日)に八戸で行われる東北フリーブレイズ戦が最終戦となる予定です。

今シーズンは開幕から今日まで未確定な部分が多く、ファンの皆様にはたいへんご心配をおかけしてしまいましたが、ひがし北海道クレインズは、コロナ禍の中でも関係機関と連携した地域貢献活動を実践し、アイスホッケー文化、ひがし北海道の発展に寄与していく所存であります。今後とも、ひがし北海道クレインズにお力添えをいただければ幸いです。

Top