single

 

「DCM ホーマック マッチデー」と題し行われた本日の試合は、DCMホーマック様からご協力をいただき、様々なイベントを行いました。コロナ過の大変な時期に観戦に訪れたファンの皆様を大いに盛り上げていただきました。歓声は無いながらも熱い応援が伝わり勝利することができました。

<日にち> 2021年1月17日(日)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs 王子イーグルス
<試合開始> 14:10
<会場> ひがし北海道クレインズアイスアリーナ(北海道・釧路市)

☆ひがし北海道クレインズ 4-3 王子イーグルス
1P(2-1)
2P(2-1)
3P(0-1)
TOTAL(4-3)
■クレインズGK 33 ヤニス・オージンシュ

■得点 ※()内はアシスト
① DF 3 伊藤 賢吾 (FW 8 入倉 大雅、FW 36 高見 翼人)
② DF 77 梁取 慎也 (FW 10 大津 晃介、FW 8 入倉 大雅)
③ FW 53 寺尾 裕道 (FW 19 サンディス・ゾルマニス、DF 77 梁取 慎也)
④ FW 26 齊藤 大知 (FW 48 上野 拓紀、FW 40 河合 卓真)

<記者会見の主な内容>
【ギルゲンソンス 監督】
試合を通して難しい局面が多々あったが、選手達が最後まで我慢強くプレーを続けてくれたことが今日の勝利の要因だと思う。今日の試合では王子がシュート数で上回ったが、もちろん自分達が1本でも多くのシュートを放ちたいが、PKのシチュエーションが多かったことやゲームの流れなど多くの要素を含んでいるので、この結果に関しては満足をしている。

【キャプテン:FW 92 池田一騎 選手】
得点力不足が浮き彫りとなった昨日の試合から反省し、積極的に前からプレッシャーをかけていこうとチャレンジした結果が得点に繋がった試合だった。シーズン後半に差し掛かり、怪我人が出るなど違う選手とのプレーが必要となってきているが、この様な状況も含めて色々な事に対応をしていかないといけないので、今後の試合もしっかりと準備をして挑んでいきたい。

【FW 26 齊藤大知 選手】
昨日の不甲斐ない敗戦から反省し、最初からチーム一丸となり気持ちを前面に出したプレーをしていこうと話していた。今シーズンホームゲームで得点が上げられない状況に少し焦りを感じてプレーをしていたので、今日やっと決められてほっとしている。自分自身もいつも以上に勝ちたい気持ちを持って挑んだ試合でゴールという結果が出せて満足している。釧路の皆さんに感動を与えられるようにもっとゴールを狙ってプレーをしていきたい。

 

 

Photo Mika.Sasaki

Top