single

アウェイゲームでもたくさんの応援ありがとうございます。試合開始早々のゴールラッシュで勝利することができました。また、心配いただいていたパワープレーでもゴールを決めることができました。

<日にち> 2020年11月14日(土)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs H.C栃木日光アイスバックス
<試合開始> 14:00
<会場> 栃木県立日光霧降アイスアリーナ(栃木県・日光)

☆ひがし北海道クレインズ 3-2 H.C栃木日光アイスバックス
1P(3-1)
2P(0-0)
3P(0-1)
TOTAL(3-2)
■クレインズGK 33 ヤニス・オージンシュ→44伊藤優人→33 ヤニス・オージンシュ

■得点 ※()内はアシスト
① FW26 齊藤 大知 (FW40 河合 卓真、FW48 上野 拓紀)
② FW76 小原 大輔 (DF82 大津 夕聖、FW19 サンディス・ゾルマニス)
③ FW48 上野 拓紀 (DF77 梁取 慎也、 FW92 池田 一騎)

<記者会見の主な内容>
【ギルゲンソンス 監督】
早い段階で2得点を上げられ試合をコントロールすることができた。明日もう1試合あるが、チームの雰囲気はとても良い状態なので全力を尽くして勝利に挑んでいきたい。

【FW48 上野拓紀 選手】
得点は、最近パワープレーでゴールが無かった為、まずシュートを打つことを意識していた。アシストの良いパスや相手ゴーリーの前に立ってサポートしてくれた味方に感謝している。

 

Top