single

ひがし北海道クレインズは第45回毎日杯アイスホッケー定期戦に出場し、王子イーグルスと対戦しました。今シーズンから愛称が変わったホーム「ひがし北海道クレインズアイスアリーナ」での最初の試合でした。アタッキングゾーンに踏み入ること幾度、しかしゴールネットを揺らすことができず、皆様に勝利を届けることができませんでした。

<日にち> 2020年10月3日(土)
<対戦カード> ひがし北海道クレインズ vs 王子イーグルス
<試合開始> 17:00
<会場> ひがし北海道クレインズアイスアリーナ(北海道・釧路)

★ひがし北海道クレインズ 0-2 王子イーグルス
1P(0-0)
2P(0-2)
3P(0-0)
TOTAL(0-2)
■クレインズGK #33ヤニス・オージンシュ

【ギルゲンソンス 監督】
 試合の立ち上がりは悪くなかったが、2ndピリオドで反則が重なり自分達のリズムを崩してしまった。試合前に『今日は勝ちにこだわって試合に挑んでいこう』と選手へ伝えたが結果が出ず残念だ。今日の試合を振り返ってスコアリングチャンスで得点が上げられなかったことや、シュートチャンスでシュートを打てなかったなど課題が見えたので、しっかりと修正していきたい。
 新加入選手は良い選手達だし、チームにとって良い強化になっていると思うが、開幕までもう少し時間があるので今後さらに一体感を持ってプレーできるようにチームで取り組んでいきたい。

【キャプテン:#92 池田一騎 選手】
 開幕時期が延期となりオフシーズンが通常より長い中しっかりと準備をしてきたつもりだったが、プレーの流れが良くない時に自分達で修正が出来ず、反省の残った試合だった。その反面、失点がキルプレーのみと守備の面では合格点が付けられた試合だったと思う。
 この状況の中、観客を入れての試合となったが、コロナウイルス対策を施し会場設営を準備して下さった皆さんや、感染のリスクがある中応援に来て下さったファンの皆様には感謝をしたい。自分達の仕事場である氷上でしっかりと結果を示し感謝を示したかったが、今日はそれが出来ず本当に残念です。
 攻め出しの部分でみんなのタイミングが合っていなかったり、スコアリングチャンスを作り出せず相手キーパ―を脅かすことが出来なかったので、明日は修正して挑んでいきたい。

【#76 小原大輔 選手】
 アジアリーグのチームと試合を行ったのが久々で試合序盤はスピード感に慣れていくのに少し難しさを感じた。今シーズン練習で行ってきたプレーは適所に出せていたが、やはり2ピリで反則を重ねてしまい、流れを相手に持っていかれてしまったので、5対5の状態でプレーを続けなければいけないと思った。
 この新型コロナウイルスの中、ファンを入れて皆さんの前でホッケーが出来ることが自分のモチベーションとなっていたので、結果は負けてしまったが、ファンの皆さんに喜んでもらえるプレーを続けていき、明日は勝利を届けたい。

 

★本日の試合を動画撮影し、試合終了後に「ひがし北海道クレインズ公式YouTubeチャンネル」に掲載しました。試合動画はこちらをクリック
 明日はライブ配信を試験的に実施する予定です。チャンネル登録をよろしくお願いします(変更の場合はご容赦ください)。

★10月4日(日)の試合観戦に当たってのお願いはこちらをクリック

Top