single

新型コロナウイルスの影響で今シーズンの開幕時期の発表が遅れていましたが、本日8月20日(木)にアジアリーグより「アジアリーグジャパンカップ2020」のスケジュールが発表されました。試合開催に関しての詳細はアジアリーグHPでもご覧いただけます。

試合方式は、ホーム&アウェー方式で各チーム4回戦総当たりとなります。クレインズは16試合を行います。そのうち8試合は釧路市の「ひがし北海道クレインズアイスアリーナ」でホームゲームとして開催します。「ひがし北海道クレインズアイスアリーナ」は、釧路アイスアリーナのネーミングライツを取得した株式会社三ッ輪商会様が今シーズンから名付けてくださいました。

10月10日(土)から始まるリーグ戦は、土日開催で12月27日(日)まで行われます。クレインズのホームゲームは、15:00試合開始を予定しています。ホームゲームを中心にクレインズの日程をご紹介します。

クレインズの開幕戦はH.C.栃木日光アイスバックスを釧路に迎えて、10月10日(土)、11日(日)に行います。アイスバックスから移籍してきた寺尾裕道、大津夕聖にとっては、初戦から古巣と対決することになります。そして、かつてクレインズに在籍していた秋本デニス選手が釧路に登場します。

新横浜遠征を経て10月24日(土)、25日(日)は王子イーグルスを釧路に迎えます。昨シーズン唯一プレーオフに進出した日本のチームです。イーグルスから移籍してきた小原大輔が古巣と対決することになります。

バイウィークのあとは、11月7日(土)、8日(日)は、東北フリーブレイズが釧路にやってきます。アジアリーグを3度制覇した強豪です。河合龍一と伊藤優人は在籍していたチームとの対戦となります。

このあとは遠征が続きます。クレインズがホームに帰ってくるのは12月26日(土)、27日(日)の横浜 GRITS戦となります。これがジャパンカップ最終戦です。グリッツは、昨シーズンのクレインズ横浜開催の際にお世話になったチームです。トップリーグで釧路に迎えて戦えることを光栄に思います。

なお、アジアリーグでは2021年1月からの海外勢を含む通常通りのアジアリーグ開催の可否を9月1日に判断する予定となっています。

今シーズンは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係機関と連携を図りながら実施する予定です。チケット案内や感染防止策などにつきましては、準備ができ次第ご案内いたします。今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

この様な状況下でありますが、今シーズンもクレインズの勇姿を見て頂き、熱い応援と共に、ひがし北海道を、氷都くしろを一緒に盛り上げていけたらと思っています。ファンの皆様のご理解ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

Top