ひがし北海道クレインズの歴史

70年目の伝統 ひがし北海道で次の世代へ 1949年から数えて70年、十條製紙のチームとして発足した「クレインズ」は釧路をホームに、2019-2020年シーズンまで70年の長きに渡り、日本のアイスホッケー文化の中心として、親から子へ、連綿と次世代へとバトンを渡しながら歴史を紡いできました。

廃部を乗り越え、「ひがし北海道クレインズ」として再生した今年、「ひがし北海道」の地で新たな飛躍を誓います。

全スポンサー
Top